おおぐま座

春の星座【おおぐま座】
『おおぐま座』は、北斗七星を含む北の空にそびえる大きな星座です。『大熊』だけあって大きいですよ!「北斗七星」を探し(北斗七星を見つけよう)、周りの星々を辿っていくと、上のイラストのように逆さまに歩いているようなおおぐまの姿が浮かんできます。

4月上旬午後9時頃~4月下旬午後7時頃の見え方で、北の方向(北極星の方向)を向いて、天頂(空の一番高いところ、真上)に向かって見上げたところに、このように逆さに歩く感じの『おおぐま座』があります。この頃の天頂は、『おおぐま座』の後ろ足辺りになりますので、結構見上げることになりますね。

時期や時間によって少々の見え方は変わりますが、「北斗七星」を含んでいるので見つけやすい星座です。実際の空で見つけた時はその大きさに驚くことでしょう!

また、この『おおぐま座』のしっぽ「北斗七星」をずーっと南の方向へ伸ばしていき「おとめ座」の1等星「スピカ」に辿りつくまでの線を「春の大曲線」と言います。

『春の大曲線』についてはこちら

Copyright(c) 2013 『春の星座』を観察して楽しもう! All Rights Reserved.Designed by o2BusinessTheme

当サイトの文章・画像の無断使用は禁止します。