春の大三角形・春の大曲線

春の大曲線、春の大三角形
春の星空で星座の他に見ものなのが、『春の大三角形』と呼ばれる明るい星3つを結んだ三角形と、『春の大曲線」と呼ばれる、北斗七星から辿った大きな曲線です。

春の大三角形

うしかい座の1等星「アルクトゥルス」、おとめ座の白い1等星「スピカ」、しし座の2等星「デネボラ」を結んでできる大きな三角形を『春の大三角』といいます。

春の大曲線

北斗七星、おおぐま座のしっぽ部分から南へず~~っと来たとろの東の方角辺り、うしかい座の1等星「アルクトゥルス」を通り、さらに南へず~~と来たところ、おとめ座の1等星「スピカ」までを結ぶ曲線を『春の大曲線』といいます。さらにその先にからす座があり、その下に うみへび座。周辺にとどんどん星座が見つかる、星座を探すときに重宝する便利な星の並びです。

Copyright(c) 2013 『春の星座』を観察して楽しもう! All Rights Reserved.Designed by o2BusinessTheme

当サイトの文章・画像の無断使用は禁止します。